スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買った器いろいろ。


最近買った器の事を少し

DSC_0587_201502211750122c6.jpg


まずは記事にも少し載せた事がある波佐見焼の器。

柄物の器は使い難いかな?なんて事も思いましたが、全くそんな事は無く

凄く使いやすくて既にヘビロテ中です

トラコミュキッチン雑貨




 DSC_0588_201502211750098bb.jpg


カップは特にお気に入り

お茶等の飲み物を入れるのはもちろん茶碗蒸しやフルーツを入れたり

ちょっとした和え物を入れたり。

多用途に使えています。


丁度、蕎麦猪口と同じ様な形なので、夏になったら

これにつゆを入れて、ざるそばもいいなぁなんて

美味しい妄想は尽きない。。。(笑)

トラコミュ白山陶器 / 長崎県 波佐見陶器まつり



 

楽天だとこのカラーしか取扱がありませんが

実はグレーもあったり

素敵なのでそちらも気になります(特にカップ)




amazonだとお茶碗もアリ。





DSC_0594.jpg
 


こちらはマグカップ


ハリネズミだったり、クロスだったり、好きなモチーフの物は

色々とあるのですが、ここ最近気になるのがメガネモチーフ


あまり見かけないせいもあって(クロスモチーフの物なんかと比べて)

見かけるとついつい手に取ってしまいます






 IMG_2596.jpg


ちょっと大きめなマグは

たっぷり飲みたいなぁなんて時に活躍中


これで豆乳で作ったココアを飲むのが最近の定番です



私はCLASKAさんの実店舗にて

買って来て貰いました。(東京駅に行ったついでに)

CLASKAさんツボなもの多い。。。





愛用のリネンのクロス






楽天スーパーセール間近

私も参戦しようと思います


    
ブログランキングに参加中

にほんブログ村 シンプルライフ

バナーをクリックするとポイントが加算される仕組みです。
参考になった!と思ったらポチっとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!
スポンサーサイト
Category: 和のモノ

漆塗りのお椀が届きました。


スーパーセールで購入した漆塗りのお椀が届きました

関連記事:楽天スーパーセールにて、6店舗目〜8店舗目。



箱を開けると・・・

DSC_0495_20141210162848f4e.jpg


まずは作家さんである伝統工芸士、梶原伸夫さんの略歴が。


トラコミュキッチン雑貨

DSC_0496_201412101628496b3.jpg

中は1つ1つ紙で包んでありました


開封すると・・・

DSC_0498_2014121016284647d.jpg


朱塗りの綺麗なお椀。

期待以上のものに思わずニンマリ



数年前からお正月や年中行事に使える、漆塗りのお椀が欲しいとずっと思っていました。

通年リサーチはしていたものの、そこは漆塗り、ピンからキリまであって。


漆1つとっても外国産を含め、産地が違うとお値段も変わってきます。

同じくベースとなる木地もしかり。


私の希望としては塗りがウレタン等ではなく「漆塗り」である事

そして木地もフェノール樹脂などではなく「天然木」である事。

この2つは絶対に譲れない条件でした。




今回購入したお椀は条件にピッタリ合うだけでなく、価格もお手頃で

おそらく木地が輸入ものだからと思うのですが

それが気にならない位、塗りも綺麗で手触りもつやつや

ぽってりと厚みがあって、手にもしっくり馴染んで。。。

作られている方の気持ちが伝わるお椀です



DSC_0500_201412101628498ef.jpg


普段使用しているお椀、薗部産業の銘木椀と比較してみました

銘木椀の方が若干大きいかなという感じ。

でも塗りのお椀の方が重さはあります。

(量ったら30g位違いがありました。)



こちらも我が家のお気に入り



DSC_0502_20141210162932a4d.jpg


手持ちの食器と合わせてみました。

まずは白い食器と。。。



DSC_0503_20141210162935d4f.jpg


そしてブルー系の食器とも。

この合わせ方は普段使いにも良さそうな感じ


 

トラコミュ白山陶器 / 長崎県 波佐見陶器まつり
トラコミュiittala/ARABIAイッタラ・アラビア北欧雑貨


DSC_0504_2014121016285135f.jpg


ちなみに下のお膳も漆塗りです。

去年購入したもの。


関連記事:元旦の食卓。


この縁に赤が透けている、溜塗りの感じが凄く好き

時間の経過と共に、次第にこの赤色が増すそうですが

我が家のはまだまだの様子。。。

ゆっくり経年変化を楽しむつもりです





お椀も溜塗りにしようか迷いました



DSC_0505_20141210162935898.jpg


収める時は手ぬぐいをクッション代わりに。

紫外線で劣化してしまうのも防いでくれるかなぁなんて。



お正月に使うのが凄く楽しみです


トラコミュすっきり暮らす



マットな質感のこちらも素敵


 
Twitter&Instagramはじめました

Twitterボタン  Instagram

フォロー有り難うございます



    

ブログランキングに参加中

にほんブログ村 シンプルライフ

バナーをクリックするとポイントが加算される仕組みです。
参考になった!と思ったらポチっとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!
Category: 和のモノ

重箱。




今年のお正月、御節を入れていた重箱はこれです。


DEAN&DELUCA


真っ白な重箱。

DEAN&DELUCAの物です。




実は1年位前から重箱を買おうと考えていました。

そこで候補に挙がったのが柴田慶喜商店のお重だったのですが・・・

高価すぎて手が届かず。


その後、他にも色々候補があったのですが

これと言った物に巡り合わなかったんですよね。




そうこうしてるうちにレジャー用のお弁当箱も買い換えたいなと思い出し

  (お弁当箱買い換えたいの記事→click

どうせならお正月にも、そしてレジャーにも使え

バーベキューしてて万が一火の粉が飛んでも

惜しくない値段の物にしよう!となり(その方が収納スペースも1つで済むし)

シンプルデザインなこれに決めたという訳なんです。















DEAN & DELUCA


中はブラック。

モダンな感じでかっこいいです。


1段目は仕切り無しですが、2段目は大きな仕切り、

3段目は細かい仕切りがたくさん付いているので

非常に詰め易くて○。


サイズも以前使っていたお弁当箱より二周り位大きいので

4人分でもしっかり入りそうです。
















DEAN & DELUCA


ゴムバンドも付いてるので

外に持って行く時もバラバラになりません。




今年は重箱のお陰で食事の度に御節をお皿に入れたりする作業が

無くて済んだので楽でしたー。

今更ながら重箱の良さを実感。

買って正解でした。



今は寒いので外でお弁当~は無理ですが

暖かくなったらこれを持って行きたいなぁ。









DEAN&DELUCAの重箱→ネットストアでも買えます。


ちなみに私が買おうと思った時は売り切れだったので

東京に行く実母に頼んで買って来て貰いました。

デリも買って来て貰って、久々に食べたけど美味しかったー。

うちの方にもお店出来て欲しいなぁ。

(コストコ誘致の話はあるみたいなんだけどねぇ)











にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

いつも応援有難うございます。

ポチっとクリックして頂けると更新の励みになります。



Category: 和のモノ

シマシマな食器。



白山陶器 重ね縞

シマシマシマ。


秋になったら買おう!と思っていた食器を買いました。

白山陶器 重ね縞 長焼皿です。









白山陶器 重ね縞


和食器でありながら、モダンなデザイン、

そしてどこか北欧な雰囲気もあるこの食器。

でも去年位までは買う気にはなれなかったのです。



というのも、以前まで食器を買う時は

どんな料理でも合う様、又、他の食器とも合わせ易い様

ホワイト&シンプルデザインの物ばかりでした。



だけど24h avecを買って以来

青くて柄のある食器っていいなぁ~!と思うようになり

それからはシンプル食器だけでなく

こーんな柄物の食器にも目がいく様に。



そんな中でも和食器は素敵だな~と思う物が多く

今回の重ね縞も「絶対買うぞ~~!」なんてずっと心に決めておりました。







でも何故に"秋になったら"なのかと言うと・・


ある日の夕食
(頭が左になってなくてすいません(汗))


この食器で秋刀魚を食べたかったから。

秋刀魚、大好きなのです♪

前にあまりに好きで連日買ってたら家族から苦情が出た事もw


でもこの時期限定だし、家計にも優しいお値段。

やっぱりこの秋も秋刀魚たくさん食べるつもりですよ~(*´艸`)

(夫&娘達ごめんねw)







という事で、これからはシンプルな物だけでなく

柄物食器も少しずつ集めていけたらなぁなんて思っています。











 

白山陶器 重ね縞

大きいサイズのも素敵だなぁ~。




にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

いつも応援有難うございます!

見たよっ!の代わりにポチっとお願いします♪


Category: 和のモノ

曲げわっぱのバターケースの使用感。


以前、柴田慶信商店の曲げわっぱのバターケースを紹介した時に


「木の物だからバターの染みが付いたりしないのか?」


というコメントを頂きました。




その時は、実際に使用する前だったのでわからなかったのですが

その後数ヶ月使用したので、今日はそのレポを。


柴田慶信商店のバターケース


今現在、バターケースはこんな感じ。

色も購入時とそんなに変わってません。








肝心の中は・・・


柴田慶信商店のバターケース


こんな感じ。

全く染みは付いていません。



いや正確に言うと、バターの付いた手で触ってしまったりして

染み(汚れ?)が付く事もありますが、洗えば綺麗に取れてしまうのです。



ただ、↑の写真をよーく見て頂くとわかるんですが

ポツポツと点の様なものがありますよね?あれ、傷なんです。

横着して木製バターナイフでは無く、普通のステンレス製バターナイフで

バターをとってしまった為に、付いた傷だと思われます。

その辺はやっぱりガラスや陶器の物より

扱いに気を付けなきゃいけない所なんでしょうね。








柴田慶信商店のバターケース


実際にバターを入れている所も今回はのせてみました。


いつも大きいバターを買って、細かく切り、使わない分は冷凍してるので

このケースに何グラム入るかとかは「?」なのですが

頻繁に使う割には、冷凍した物をしょっちゅう解凍してるという感じはしていないので

我が家的には丁度良いサイズなんだと思います。



ちなみに我が家はパンに塗るのはもちろん、パン作りも、料理に使うのも全部バター。

昔はマーガリンを使ってた事もあったのですが

トランス脂肪酸の摂取をなるべく少なくしたいので、バターだけに変えました。






柴田慶信商店の曲げわっぱ。

    

バターケース・おひつ・パン皿 (※いずれも売り切れ)

おひつ欲しいけど、手が出ません・・。





現在、玉川高島屋 5階アートサロンにて 10日まで

「柴田慶信商店」「雅山工房」の2工房による「木と鉄の匠展」をやられているそうです。

柴田さんご本人もいらっしゃるそうなのでお近くの方は是非。

(私も近かったら行きたい・・。)




にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

 ↑ ↑ ↑

参考になりましたら応援宜しくお願いします♪





【追記】


実際に購入しようかな?と思ってらっしゃる方もいらっしゃるようなので

少し追記しておきます。



曲げわっぱのバターケースを使用する時に気を付けている事。


●スポンジは使わず、タワシと研磨剤入りのクレンザーで洗う。

●洗ったら布巾で拭いた後、しっかり乾かす。

●バターを入れる前には水で濡らして入れる。

気をつけているのはこの3つだけ。

お弁当箱だと色んな物を入れるので、染みも付き易いかもしれませんが

バターしか入れないので、染みが付いて取れないという事はほとんど無いと思います。

(ただ、扱う時の手の汚れには気をつけて下さいね。)



曲げわっぱのお手入れ方法はこちら

商品についてのお問い合わせはこちらから

柴田慶信商店のHP



Category: 和のモノ

柴田慶信商店のバターケース@曲げわっぱ


念願叶って、とうとうこれを買いました。

CIMG6276.JPG

柴田慶信商店の「マゲワシリーズ」のバターケースです。

CIMG6306.JPG

以前から良いなとは思いつつも、そのお値段ゆえになかなか手が出ず。

でも昨年末に広島で製作実演があり、実物を見てからは益々欲しくなり

近いうちに買えたらなぁなんて思っていました。


その後テレビでも何度も拝見し、欲しい度が更にUP。

  (特にNHK教育テレビで放送されたやつは、何回も再放送される為に4回も見てしまいました(´∀`;)

人気でなかなか手に入らない商品ですが

在庫のあるお店を見つけた為、今回買う事が出来ました。

CIMG6279.JPG

このバターケース、木目も木の質感も非常に綺麗で、思わずナデナデしたくなります。

香りも最高。置いておくだけで癒されます。

そして何と言ってもこの曲線。見れば見るほどウットリ♪

職人さんの手仕事の素晴らしさを感じます(´▽`*)

CIMG6280.JPG

材料となる杉もピンからキリまであるそうなんですが、最高と呼ばれる物は

曲げられる薄さにまで、手だけで裂けるそうです。

でも誰でも出来るわけではなく、曲げわっぱで有名な秋田県の大館でも

柴田さん1人だけが出来る技なんだそう。



聞けば聞くほど、その物作りへの拘りや職人の技に「凄い!」と感じるばかりなんですが

ご本人(慶信さん)は、以前テレビに出られた際

「これはただの真似事。先人の知恵と工夫があってこそ。」

と、言っておられました。

伝統工芸士である事を奢り高ぶる事無く、謙虚な姿勢でおられる事に

物だけでなく、作ってらっしゃるご本人にも今ではすっかり惚れ込んでしまっています。

CIMG6281.JPG

ちなみに今回購入したのは小サイズの方。

いつもバターは購入して細かく切り、

必要分だけケースに入れて、あとは冷凍してしまうので大きくなくても十分でした。


冷蔵庫に入れたバターも適度な堅さに保ち、これまでの様に


「かっ、固くて使えない・・・」


なんて事が無いそうなので、これから使うのが楽しみです。

CIMG6284.JPG

と言っても実は、購入してもうすぐ1ヶ月が経とうとしています(´∀`;

もったいないくて、今はこうして飾ってしまっているという・・・w

もうしばらく鑑賞して、そのうち使う予定です・・・w


柴田慶信商店 曲げわっぱ


「マゲワシリーズ」バターケース


「マゲワシリーズ」白木パン皿


白木 小判弁当箱

※全て売り切れ


↑のアフィ通り、楽天でも取り扱いはあります。

が、入荷があったのを見かけた事があまりありません。

現在、「曲げ輪 父子展」と称し、伊勢丹新宿店 本館5階にて13日まで

製作実演販売をされているそうなので、お近くの方は是非!





にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

今日も長文読んで頂き、有難うございます♪

読んだよーの代わりにポチっとして頂けると嬉しいですヽ(´▽`*)ノ




春休み終わったので、コメ欄開けています。

お気軽にコメント頂けると嬉しいです♪


又、「コメントはちょっと・・でも聞きたい事が・・・」なんて方もいらっしゃると思います。

(以前、そういう方もいらっしゃいました(^-^))

メッセージは随時受け付けておりますので、こちらからお気軽にどうぞ♪→e᡼メッセを送る


Category: 和のモノ

福山修一さん(工人舎)の箸。


前回、箸がダメになってしまった事を記事にしましたが

その後、新しく購入した箸はこれです。

CIMG6004.JPG

福山修一さん(工人舎)の箸です。

塗装してある箸が多い中、これは無塗装。

箸は口に直接触れる物だけに、そこに惹かれました。

CIMG6017.JPG

この箸、非常に滑りにくく、持った時に手にすごく馴染みます。

箸先も細いですが、固い鉄木を使用している為

折れそう・・なんて事は全く無く、使い易いです。

CIMG6016.JPG

ただ、塗装がしてない分、水に長く付けることは厳禁。

もちろん食洗機は不可です。

でも前も手洗いしていたので、その点は苦には思っていません。

CIMG6009.JPG

今回購入したのは3膳。

上からオット、私、上の娘のです。

かなり細かいサイズ展開ですが

箸は手のサイズによって、使いやすい長さが決まっているそうで・・・


CIMG6019.jpg


指を親指と人差し指を直角に広げ、

L地にした時の長さの

1.5倍のサイズが標準の目安。


なんだそうです。

なので今回、私も手のサイズを測って購入しました。

何でも良い~と言うわけでは無いんですね(´∀`;

2.jpg

ちなみに使い始めて既に1ヶ月経過しているんですが

段々と色が変わりつつあります。

左が購入した時の物、そして右が1ヶ月後の物。

ちょっと色が濃くなってきてるんですが・・・写真じゃわかり難い!?

でも、こうして経年変化が見られる所も、使っていて楽しいです。

それに箸先が削れたら有料ですが削り直しも出来るので

安心して使っています(´∀`*)


候補になった物。



市原平兵衛商店の箸。

とっても素敵!でもお値段も素敵・・・w





にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

更新してない日も訪問&応援有難うございます!

かなーーーーり励みになりますので、お手数ですがポチっとして頂けると嬉しいです♪




Category: 和のモノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。