スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉工業の鉄のフライパン。

サマースプラッシュで購入したフライパンが届きました。

 DSC_0597.jpg


双葉工業の鉄エンボスフライパンです。





欲しいなぁと思いながらも、なかなか購入に踏み切れなかった

鉄のフライパン。

やはり「使いこなせるのかなぁ~?」という不安が1番の理由でした。


その為、フライパンに関しては今回の物を買うまでの間

色んな物を試してきました。













DSC_0599.jpg
 


まず脱テフロン!と称して購入したのがセーフパン。

26cmサイズで我が家では1番使用頻度が高いです。





  →購入時の記事

  →購入後 1年経過の記事


良いところ

 ●人体に対して安全性が懸念される物質を含まない。

  →従来のフライパンと違い表面のセラミックコートが剥げても

   使い続けられる。

 ●黒一色のシンプルデザイン。


良くないところ

 ●数回に1回はスチールウールたわし、又は金たわしの様な物を使って

  しっかり磨くという作業が必要。

  →でないと焦げ付きの原因になってしまう。





このフライパンはテフロンの物しか使った事が無かった私でも

問題なく使えて、尚且つ鉄フライパンの予習(?)も

兼ねる事が出来、凄く良かったです。

購入から2年半経過してますが、手入れさえ怠らなければ

今も焦げ付いたりしません(^-^)









 DSC_0603.jpg


セーフパンを使うようになってから、少し自信がついた頃

購入したのがこの釜定のオールパン。

20cmサイズで主に少量の炒め物や、卓上にそのまま出したい料理の時は

これを使ってます。


 
  →購入時の記事



良いところ

  ●シンプルデザインなので卓上に違和感なく置ける。
  
  ●一度加熱すると冷めにくい

   →熱々のまま食べることが出来ます。

  ●高温調理が可能なので素材がカリっと焼き上がる。

  ●鉄分が摂れる。(個人的には最大のメリットです♪)


良くないところ

  ●鋳物なので重い。
   
   →この20cm位までのサイズが限界だと思う。

    これ以上大きいサイズだと持つのが辛い。

  ●持ち手が熱くなるという事。
  
   →使用中は持って振ったりしないので気になりませんが

    洗う時、うっかり触りそうになる時あり。




「しっかり加熱して使う」「使用後はしっかり乾かす」

という事さえしていれば焦げ付きも無いし

何より美味しく仕上がるところが、凄く気に入ってます(^-^)(食いしん坊なので)














DSC_0598.jpg
 


こうして色々試してきた中でどういう物が自分に合っているか考えた所

今回の鉄フライパンに辿り着きました。



洗うのが簡単で、持ち手も熱くならない物。

焦げ付きはエンボス加工に期待!

ちなみにサイズは4人分のハンバーグが一気に焼ける28cmです。



早速、先日油ならしをする為に火にかけてみましたが (→油ならしの方法

火の伝導率が良いのか、加熱までの時間が物凄く早いなと感じました。

特に鋳物のオールパンと比べるとかなり早いです。




さて、上手く使いこなせるのかな?

不安な面も未だありますが、(特に餃子やチャーハン!)

色々作ってみたいと思っています。






にほんブログ村 トラコミュ キッチン雑貨へ
キッチン雑貨



    



ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


↑クリックして頂くとポイントが加算される仕組みです。

押していただけると更新の励みになります。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。