スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収納用品や容器の選び方。

ネットのお陰で色んな種類の収納用品がいつどこでも

買えるようになりました。

その一方で選択肢が多いと、どういう物にすれば良いか悩む事も。



我が家では収納用品や容器などを選ぶ際

こんな風にルールを決めています(^-^)





 DSC_0681.jpg


 ●色はベーシックな物を


  収納内に収める物でも、色は白や黒、半透明などベーシックな物を

  選んでいます。色が氾濫していると、せっかく綺麗に収めても

  ゴチャゴチャした印象になりがち。

  収納内を空けてもスッキリ見える様、色には気をつけています。








 DSC_0554.jpg


 ●スタッキング可能か


  場所によってはスタッキングが可能な物を選ぶと収納率がUPする事も。

  特に「深い引き出し内」や「棚板を増やせない扉内」の収納には

  スタッキングが出来る物を選ぶようにしています。

  重ねるときは使用頻度の高い物を上に持ってくるようにすれば

  使い易さも損なわれません。

 








 DSC_0556.jpg



 ●形はなるべく四角に近い形の物を

 
  引き出しや扉内など、家具の中は四角い場所がほとんど。

  収納スペースを最大限に生かす為には丸型よりもより

  四角に近い容器の方がデットスペースも少なくて済みます。








 DSC_0685.jpg



●蓋付きのボックスは使用頻度低めの物を


 蓋付きの物は物を取り出す際に、蓋を開けるというアクションがある為

 使用状況によっては取り出しにくくなってしまう事も。

 また蓋がある事で積み重ねて収納すると更にアクション数は増えます。

 持ち運ぶという用途が無い限りシーズンオフの物など

 使用頻度が低い物を入れるようにしています。

 





 

 
 DSC_0679.jpg


 ●買い足しが可能か


  収納用品はその種類によっても価格が様々。

  一気に買い揃えるのが難しいこともあると思います。

  また生活環境の変化により収納も変化する事があると思います。

  後々買い足しが可能かという事も最初の購入時に考えておくと

  収納の計画も立てやすいような気がします。







 DSC_0687.jpg
かごもフレキシブルに使えるので収納アイテムにはとても良いですよね♪






こんな感じで自分の中のルールを決めておく事で

収納用品や容器も迷い無く選ぶことが出来るし、後に収納する物が変わっても

楽に使いまわせることが出来るのではないかなーと思います(^-^)











      



PP収納ケース引出式・小 宅(V)約幅34×奥44.5×高18cm PPメイクボックス (V)約150×220×169mm ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・A4用・ホワイトグレー 約幅10×奥行32×高さ24cm







にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

こちらも参考にさせて貰っています♪






 


ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 片付け・収納



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

いつも応援ありがとうございます!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。