スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無垢テーブルのメンテナンス。


ちょっと前の事ですが。。。

無垢テーブルのメンテナンスをしました

DSC_0648_20150506160549c76.jpg 


最近、メンテに使っているのはこのオレンジオイル

当初、ヴィンテージチェストのメンテ用にと購入した物だったのですが

無垢のテーブルにも使えるとの事で、それからはずっとこれを使っています



トラコミュシンプルで豊かな暮らし




 DSC_0649_201505061605527d9.jpg


メンテナンスをする無垢テーブルは、このダイニングテーブル。

木蔵さんで購入したウォールナット材のものです

塗装はオイル塗装。


購入してからずっと、一時的にテーブルクロスを敷いたりする事はあるものの

無垢テーブルにテーブルマット等をずっと敷いておくと

木材が呼吸できなくなってしまい、反りや割れなどの原因になると聞き

(先日、TRUCKの黄瀬さんもTVで言ってました)

普段はランチョンマットか何も敷かない状態で使っています

子供がいるので汚れる事もありますが、それも味の1つかなと








DSC_0651_20150506160555dd9.jpg
 


オイルをタオルに染み込ませ、拭き拭き〜と

オレンジの香りがとってもいい香り

すごく癒されます


汚れも落とせるし、艶も出せて一石二鳥

ペン跡なんかも、拭くだけで綺麗になります


以前は定期的にサンドペーパー&家具用オイルでメンテしてましたが

作業中、木屑が舞うので窓を開けられないのがネックだったんです

(エアコンやファンヒーターの風でも舞うし

オレンジオイルならそういうの関係無く出来るので

思いついた時、楽にメンテ出来るように

もちろん酷いシミや傷が出来た時はサンドペーパー&オイルが

必要になってきますが、今後はその機会も減ってくると思います






 DSC_0650_2015050616055786b.jpg

ちなみにこれが塗る前。

カサカサ。。。



 DSC_0653_20150506160640429.jpg


そして塗ったあと。

艶が出て、しっとりした感じになっています

って、写真じゃわかりにくいかな?





DSC_0652_20150506160637b96.jpg
 


ツヤツヤ、ピカピカのテーブルは気持ちがいい


奥に見えるチェストもしっかり塗っておきました

関連記事:ヴィンテージチェストのメンテナンス。

トラコミュ北欧ヴィンテージ




DSC_0655_20150506160643a4f.jpg
 

ちなみにこちらは無垢のキッチンボード。

こちらはオイル塗装でなく、ウレタン塗装。

購入後、6年目でこんな感じです

(炊飯器が裏返ってるのはスルーで・笑)


基本的に無垢のマットな感じがすきなので

ここも当初、オイル塗装にしようか迷いましたが、

今ではオイル塗装にしなくて良かった〜と思っています。

なぜなら…やっぱりキッチンは汚れやすい

自分の意識しない所で、いつの間にか汚れている事も多く

またテーブルみたく、毎食後拭いている訳では無いので

オイル塗装だとシミだらけになっていたかも

ウレタン塗装にしておいて良かったです。





お買い物マラソン、その後これを購入して終わりにしました。



ホームシアターセットのスピーカーを買い足し。

これで2,1ch→3,1chになります

ずっと買おうかどうしようか迷っていたので、やっとという感じ

夫が喜ぶぞ〜






●○関連記事

ヴィンテージチェストのメンテナンス。
学習机のメンテナンス。



●○参考にしています

トラコミュシンプルで豊かな暮らし
トラコミュ北欧ヴィンテージ



●○ブログランキングに参加中


にほんブログ村 シンプルライフ

バナーをクリックするとポイントが加算される仕組みです。
参考になった!と思ったらポチっとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。